個人的にはあまりにも無謀だとは思うのですが・・・独学で公認会計士になることは可能なのか

明るい雰囲気の職場で働く公認会計士

公認会計士を目指したいという場合、専門学校や大学もしくは大学院などでその知識を得るという方が多いようです。しかしながら、目指す方の中には「独学で資格取得を目指したい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、独学で公認会計士の資格取得ができるかどうかについて考えて生きましょう。

学校を利用する人が大半

公認会計士の資格取得は難関であると言われています。ですから、会計の知識を学べる学校を利用して対策をしているという方が大半となつています。

専門学校などにおいては、受験対策に特化したカリキュラムを組んでいるために効率よく勉強が出来るというメリットがあります。

大学院であれば、決められた単位を取得すれば、公認会計士試験の一部科目が免除されるなどというメリットがあるというのも学校を利用する背景につなかっているといえるでしょう。

しかしながら、必ずしも学校を利用しなくてはならいなというわけではありません。実際には、独学で公認会計士資格を取得したという方もいらつしゃいます。

独学を選択するということ

独学で資格取得を目指すという場合、他の資格試験と比較をするとテキストなどが多くないという事もいえます。また、試験対策としては論文式は添削や修正全てを自らが行わなくてはなりませんので、独学で進めていくのは大変だと感じることもあるでしょう。

以上のことから、どのようなテキストを使いどのように学び取っていくのかなどという計画性が求められることでしょう。

それぞれを比較してみるのも良い

独学・学校と偏った見方をするのではなく、双方のメリット・デメリットを考え、自分自身の環境や状況にあった選択肢を見つけていただくのが一番の方法といえるでしょう。