公認会計士になるための学費等の費用を全てひっくるめるといくらくらいになるのか?

真剣に仕事をこなす公認会計士

公認会計士になるために資格試験は必要不可欠なものとなっています。実際に会計の知識を得るための受験対策として学校を利用して対策をしているという方もたくさんいらっしゃいます。

では、公認会計士を目指すためにどの程度の学費が必要となるのでしょうか。

学校の種類について

公認会計士になるための学校にはさまざまな種類のものが存在しています。民間の専門学校で通学もしくは通信講座で学ぶという事も可能ですし、大学の経済学部や商学部で学ぶということも可能です。

または、大学院で学ぶという方もいらっしゃいます。

それぞれの費用について

まずは、民間の専門学校で通学で学ぶというケースです。トータルで60万円~200万円ほどかかるといわれています。どのような学校を選ぶかですとか、コース選択などによってもその学費は大きく変わってきます。

また、首都圏にあるのかそうでないのかという部分についても多少の差が出てくるでしょう。通信においても学費に大差はありません。

次に、大学の経済学部や商学部で学ぶというケースについて見ていきましょう。私立大学の場合、トータルとして430万円程度、国立大学の場合は330万円程度といわれています。

大学院で2年間学ぶという場合には、私立の場合は300万円前後、国立ですと146万円といわれています。完全に独学をするという場合には、市販テキスト代金のみですので数千円程度でしょう。

受験手数料について

学費と合わせて受験手数料についても見ておきましょう。筆記試験を受けるためにはまず19500円が必要となります。修了考査の際には28000円が必要となっています。

学費についてもチェックしておくこと

実際に資格取得を目指していくうえで、学費という部分は重要な部分ともいえるかと思いますので把握しておくとよいでしょう。