公認会計士の資格の取得に向けて最適な年齢という考え方はあるのでしょうか

夕陽に照らされながら資料を整理する公認会計士

公認会計士になりたいという場合、資格取得を目指していただくこととなります。受験資格などにおいては、年齢制限などは特に設けられていませんが、目指す年齢層はどのようなものとなっているのでしょうか。

合格者からみる年齢層

先にも触れましたが、受験においては年齢制限はありません。ですから、受験者の年齢層は実に幅広いものといえるでしょう。

しかしながら、試験を受ける人・合格者平均を見てみると、20台・30台が多いという傾向もあります。

早い決断が良い方向に働くことも

20代・30代が多いこととして考えられる理由もいくつかあります。まずは、公認会計士としての資格を取得するためにはある程度長い期間が必要とされることでしょう。

筆記試験ばかりではなく、監査法人や会計専門の企業で2年間以上の業務補助経験を積まなくてはならないのです。その後、年に1度行われる修了考査(筆記試験)をクリアした人のみが公認会計士として登録されるのです。

以上のことから考えると、トータルして5年前後の時間を要するために、早いうちに目指そうとチャレンジする方が多いのです。

若い人材を求めているのか

実際に業務を行ううえにおいて「雇う側」としては若い人材が好ましいものなのでしょうか。答えから言えば、若い世代を求めているということも確かにあるようです。

しかしながら、それは一概に言えません。経営に携わっていたですとか経営戦略などの仕事をしていたなどという経験者を求めていることもあるのです。

ですから、若ければ有利だとは言えないのです。

年齢と資格試験

年齢についてはあくまで平均ですから、自分自身が志をもって資格取得を目指していただくのであれば問題はないでしょう。1つの目安として参考にしてください。